FC2ブログ
GERANIUM LOVERS
SCENTED HILLS My Note  ゼラニウム観察日記、覚え書き、日記などなど・・・私の自由帳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Richtersのカタログ
Dscn1100.jpg


先日、Richtersから、2006年のハーブカタログが届きました♪
Richtersは、カナダのハーブナーセリーで、何年か前にハーブの種やらなんやら購入したことがあります。(カードOKだし。)
その後毎年、律儀にカタログを送っていただいています。恐縮です。(^^;)

国内で流通しているセンテッドゼラニウム、詳しいことはよくわからないのですが、なんでも、某ハーブナーセリーがこのRichtersから導入したというのを遠い昔聞いたことがあります。
うーむ。取扱品種のラインナップを見れば、納得かも・・・。

しかし、どーもRichtersのカタログから、センテッドの品種が減っているような・・・?
ようなではなく、減ってる・・・。(--;)
もう新しい品種は取り扱ってくれないのですね~。寂しい~。(悲)

そう思いながら、パラパラとカタログを見ていました。
とにかくカラーのカタログは写真もきれいで見てるだけで楽しいです~。

ん?
どこかで見たようなものが・・・!?
UMKCALOABO
Umkcaloabo?
(な、なんて読むのさ?(?_?))

そこにはPelargonium sidoidesの写真がありました。
し、し、知らなかった。(汗)
もしや去年のカタログにも載ってる?(→過去のカタログをひっくり返してみたら、2001年に初登場していました。)

カタログには、強力な抗菌性のある南アフリカからの薬用ゼラニウムとして紹介されていました。副鼻腔炎、急性・慢性気管支炎と結核治療のために使用され、現在、umckaloabo製品は、ドイツで広く売られているそうです。

私がcollectionで紹介していたものとは、写真を見る限りでは、花弁も小さくかなり黒っぽい色で、どうも別物のようです。
但し、このUmkcaloaboと呼ばれる方は恐らく原種であると思われますが、海外のサイトでは、原種に分類されているものでも、花弁が黒に近いものと、エンジ色のもの2種類あるようです。

私がcollectionで紹介したものは後者なんでしょうかね~?
それとは別モノで園芸種かなにかでしょうか?(ちょっと自信なくなってきた・・・。(汗)後日、collectionの方、追記しておきます。)
詳しい情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひお知らせください。
Richtersのカタログ、思わぬところで勉強になりました!(^^)

ちなみに、我が家のsidoidesは、寒さで多少、葉が痛んでしまいましたが、温室に入れなくても大丈夫です。地植えにしたものも元気です♪
すばらしい耐寒性です!
他のゼラたちも見習ってくれ~!(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bloom39.blog5.fc2.com/tb.php/68-60795359
この記事へのトラックバック
園芸用ラデュラゼラニウムはローズゼラニウムによく似ていますが、より葉に深裂が見られます。花は小さめで白に近いパープルピンクで花期は夏が最盛期になります。葉茎はローズレモンやミントのような香りがします。ホワイトラベル(少量生産品の為、写真無しラベルです)
2007/07/22(日) 16:02:37 | ハーブが最高によかった
Geranium Lemon高さは60cmほどになります。茎は木質化して、たくさんの枝を出します。葉は小さく切れこみがあり、カールした緑色の縁にクリーム色の斑が入ります。レモンの香りがします。直立性なので、鉢植えにも向いています。高さ20~100cmくらいになる多年草です。耐寒
2007/09/16(日) 12:52:42 | ハーブが最高によかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。