FC2ブログ
GERANIUM LOVERS
SCENTED HILLS My Note  ゼラニウム観察日記、覚え書き、日記などなど・・・私の自由帳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
頼むよ~(>.<)
先日、買い物ついでに近所のHCのガーデンコーナーに行ってみました。
カラーリーフ・ゼラニウムがいろいろ。
センテッドしか興味がないワタクシも、葉色の美しさに思わず手が出そうになります。(笑)

ふと気が付くと、すぐそばに、‘ハーブ・ゼラニウム ¥198’で、ワタクシの大好きなピンクカピタタム・ゼラニウムがあるではないですか!
でもその姿は、見るも無惨。
褐色斑点病なのでしょうか、葉が見るからに病気。蕾にまで斑点が。
花は咲いているのですが、小さく、本来なら目をひくような美しいピンク色なのにちっとも目立たない、ひどい状態でした。
きっとコレ、誰も買わないで廃棄処分かなあ・・・と寂しい気持ちになりました。

うちの、ピンクカピタタムもこの季節はどーしても病気になってしまうので、葉の上から水遣りはしないし、雨にもあてないように特に気をつけています。
それでも、斑点がポツリポツリ出てきてしまいます。

HCの管理もあるでしょうけど、この苗を作っているところは、出荷にあたってなにか、防菌剤などを施さないのでしょうか?
この品種においては、非常に必要な気がするんですけど・・・。

さらに、エンジェルアイズシリーズのランディやビオラの鉢植えも、葉が雨にあたってとても痛んでいました。

・・・かわいそうだ。


ちゃんと、管理、頼むよ~っ!(>.<)


グチっぽくなってしまった・・・。
さ、気を取り直して。
満開時は、エンジェル種も真っ青な美しさ(?)のレディマリー・ゼラニウム。

Dscn1835.jpg
スポンサーサイト
うちにもバラはある
Dscn2034.jpg


すみません。ちょっと言ってみたかっただけです。(^^;)ゞ

ピエール・ド・ロンサール

・・・が、しかし。

シャポー・ド・ナポレオンを枯らしました。
サーッ。(←みなさんがひく音)

この冬の寒さに耐えきれなかったのか、春になっても新芽が出ず、さよならされてしまいました。
ごめんね、管理不足で。


さらに、

P.fulgidumを枯らしました。
植付け失敗です。超ショックぅ~(T◇T)

さらに、

斑入りペラルゴ、ワタクシが勝手にoldbury duetではないかと言っていたアレです。ずっと雨の当たる所に置きっぱなしにしていたせいで、消滅しかかっています。(--;)←やる気あんのか!?


すみません、悪魔の指で。
ほれぼれ
20060523011819.jpg


センテッドの中で、ワタクシ、個人的に一番好きなのが、ピンクカピタタム。
透明感のあるピンクの花にうっとりです~。
今日は満開でした。(^^)
そっくりさん
applepottinger.jpg


アップル・ゼラニウムとリリアンポッテンジャー・ゼラニウム。
同じサイズの鉢で育て、ほぼ同じような大きさになりました。
ちょうど花が満開でとてもきれいです。(*^^*)

二つの葉の形状ははっきり違うのですが、花はそっくり。
どこかに違いは見られるでしょうか?

しばらく並べて眺めてみた。



・・・10分経過。


間違い探しか、コレは。(--;)

結論。
リリアンポッテンジャーのほうが、アップルよりも若干花弁が長いような傾向があるようです。白花に入るブロッチはほとんど変わらないのですが、よーく見ると、リリアンポッテンジャーのほうがスジのように長く入っていました。

二つあって初めて違いがわかるようなかんじで、片方だけ見せられたらわからないかも~。
うむ。まだまだ修行が足りん。(汗)
一番果
今年、それはそれはとってもゴージャスに咲いたマーブルグレイ・ゼラニウム。
開花後、種を取ろうと思っていたわけでもなかったのですが、ついついなんとな~く花ガラ摘みもせず、そのまま放置しておりました。(^^ゞ
ら!
最初に咲いた一番花の大きさ、4㎝くらいはあったと思ったのですが、後に続いて咲く花の小さいこと!一気に半分ほどの大きさに・・・。(--;)


-ナスの栽培-
ナスの一番果は大きく育てずに早めに摘み取る。
その後の株の充実、実つきを良くする為、一~三番果くらいは早めに摘み取ると良い。


まさにそれではないですか。
一番果=一番花と考えてみました。たとえ受粉してなくてもそうじゃないかと。

ローズ・ゼラニウムのような小ぶりな花は、花ガラ摘みをしない場合、花期が短くなってしまうことがあっても、あまり花の大きさには影響が無いように思えるのですが(←気が付いていないだけか?)、大ぶりな花は、ここまで顕著に表れるとは。おお。

花が大きい品種に関しては、一番花が咲いた直後、かなりもったいないですけど、バッサリ取ってしまうことにしました。
少しでも長~く楽しみましょう。(^^)

あっという間に花が終わってしまったマーブルグレイ・ゼラニウム。
来年はもっとたくさん咲かせてあげますよ。
GW前の出会い♪
そういえばまた書くのを忘れていた。(^^ゞ
GW前に、この近くにガーデンショップとオサレなカフェができた事を。

さっそく市場調査へGOー!
ガーデンショップで売られている苗は普通。(笑)
HC並みにいろいろありました。今は野菜の苗なんかもありました。
ガーデンインテリアもいろいろ取り扱ってましたが、ちょっとお値段高め。うちには似合わないです。^^;ってうか買えない!?

ここではガーデン設計やエクステリアなども手掛けているらしく、見本となる小さなお庭も見学。
まだ植物を植え付けたばかりなので、あまり馴染んではいませんでしたけど。

そこで、オレンジ・ゼラニウムが地植えされてるのを発見。
あの~、枯れますよ。冬は。ぼそっ。
一年草扱いで植えられているのかわかりませんけど。ご存知でしょうか?
あ、余計なお世話ですね。(爆)


そして、ハーブのコーナーでうれしいことが。
‘なぜか’センテッドゼラの苗がいっぱい!!!
まるでワタクシの為に置いてくれてるの?と言いたくなるほどありました~。
まあでも、品種のラインナップを見て、どこのモノかわかってしまいましたが。(笑)

とりあえず、昨年枯れてしまったブランドフォルディアナムの苗をゲト。
(まだ枯らしてしまったものはいろいろあるけど買うのは今度にしよ。
ここにあるならまたいつでも買えるよねえ~。ブツブツ。)

そして・・・
前々から、どーも胡散臭くて(←書いちゃっていいのか?)手を出さなかった品種を実験的に買ってみました。(オイ)
メイプルリーフ・ゼラニウムとトレーリングオーク・ゼラニウムの2品種。

メイプルリーフは、レモンバーム・ゼラニウムに似たかんじの葉と花。
でも、葉がメイプルリーフの形じゃないんです。
どうしてこれがメイプルよ???(--;)
海外のゼラサイトで見るメイプルリーフとは全くの別物!
こ、これ違いませんか?ぼそっ。

もう一つ。
トレーリングオーク。ワタクシ的には、品種名称にオークと付くものはたいてい、照り葉、ちょっとベタつくような感触、あまり良い香りではない^^;、もしくは葉の中央に黒のブロッチが入る、という特徴があると思っているのですが、これは、どれも該当せず、葉、花とも、ピンクカピタタムに似ています。葉の淵が赤くなっているのも特徴かも。
なので、コレどうなのかなあ?と疑問。
この名前のゼラに関する情報もほとんど調べられず、未知の物体です。


とにかく、まあそれを承知で連れてきました。
なにかの雑種なんでしょうかね?
このまま育ててみまーす。


ところで、オサレ~なカフェは、セレ~ブなマダムたちの憩いの場と化し、全く入り込む隙がありませんでした。
いつになったら行けるのやら?(爆)
続・GWの出会い♪
そういえば、駅前の花屋もチェックしたんだった。(^^;)
ラベルは付いてなかったけど、どー見ても、“ティップトップデュエット”の鉢植えと、同じく、エンジェル種であろう、なにか(さっぱりわからん)の鉢植えがありましたっけ。φ(..)メモメモ。

さて、引き続きGWのイベント、HCめぐり!(違?)
もうひとつ行ってみました~。新習志野に新しくオープンしたところです。
さっそくガーデンセンターに行ってみると、いきなりウィッチフォードの鉢が売ってるではありませんか!うひょー、びっくり。いいなあ~と思いつつ、やっぱり手が届きそうにないので退散。(T.T)

苗売り場では、パンジーゼラニウムの“ビオレッティ”、“プラトニック・ラブ”、“ポルカ”がありました。店内には、ジョイ本で買ってきたものと同じ斑入りペラルゴの鉢植えがありました。(こちらのほうが状態が良かったし、たくさんあったので、こっちで買えばよかったなあ。)

それから、店内を移動して、切花コーナーを何気に見て通り過ぎようとした時、
んんん!?
こ、これは???(@@;)
噂のローズ・ゼラニウムの切花ではないですかっ!
こ、こんなところにあるとはーーー!!!

品種は、ローズ・ゼラニウムのみでしたが、花も付いてました。
ただ、あれれ?あの折原園芸さんのではなかったんですけど。ぼそっ。
ど、どうなんでしょうか?(汗)

連れの方たちがとっとと行ってしまったので、購入もままならず、保留となってしまったんですけど・・・。
ちなみに、HCとしてはですね、〝すーぱー〟と付くので期待して行ったのですが、HCフリークのワタクシにはちっと物足りなかったです。すみません。(^^;)

以上、GWの市場調査、こんなかんじでしょうか。
更新が滞っておりますが、うちのゼラたちも開花のベストシーズンを迎えております~。
今が一年でいちばん楽しい時期かも~。(*^^*)

2006.5.jpg

痛んだ箇所をだいぶカットしてしまいましたが、斑入りがとっても素敵でメロメロです~。
GWの出会い♪
こんばんは。久々です。m(__)m
GW、あっちゃこっちゃに出かけてきました。・・・疲れがたまっております。(--;)

が、しかーし!
GW中に出会ったゼラの市場調査報告をしたいと思います。(っていうかメモ書き。忘れちゃうから。笑)

某ショッピングモールに併設するHCにて。
パンジーゼラニウムの“アリア”を発見!実物は初めて見ました。(^^;)でも、処分品コーナーに置かれていました。ああ。(悲)
あとは、センテッドの“ブリリアント”と“ピンクカピタタム”の苗も発見。やっぱり売れ筋でしょう!?
また、これ“Catford Belle”かなあ?と思われるペラルゴもありました。

茨城のポティロンの森にて。
ここは、入り口付近に地元特産物や野菜、花の苗を販売しているコーナーがあるのですが、そこで五色葉ゾーナルの立派な鉢植えがありました。品種名は不明でしたが、丁寧に作られた美しいものでした。
また、エンジェル種のペラルゴの鉢植えがいろいろありました。品種がわからないのが残念でした。“ダルムスデン”かなあ?というものがありました。

GWのイベントで絶対に外せないもの。
それは、ジョイ本千葉ニュータウン店です!
ゼヒ行きたいっ!と私が言いました。(笑)
千葉ニュータウン店は、お店全体もデカイのですが、ここのガーデンセンターはとにかくデカイ!
この時期、品物も豊富で、ヘタな植物園より、よっぽど楽しいんじゃないかと。(爆)

母の日の前ということで、カーネーション、プレゼント用のアレンジメントがたくさんありました。
ミニペラルゴニウムとして販売されている、おなじみのエンジェルアイズシリーズ(“バイカラー”、“ランディ”、“ライト”、“バーガンディー”、“ビオラ”)の鉢花も飛ぶように売れていて(←ひいきめ 笑)、見ていてとーってもうれしくなりました。大きいものは(何号鉢だったかなあ?)、値段が¥2980(!)もするものでしたが、花が満開でとてもとても素晴らしい鉢花でした。

そこでふと見ると、斑入りのエンジェル種が一鉢だけありました。
んんん???
“ティップトップデュエット”の斑入りバージョンですかっっ!?

もう株の枝が痛んでいて、処分品価格にしてよーと言えるようなものでしたが、思わず連れてきてしまいました。センテッドオンリーのワタクシも、斑入りにメロメロ~。(笑)
品種名、生産元がわかるものは付いていなかったので、家に帰ってから、“ティップトップデュエット”の斑入りね~♪なーんて調べてみました。


でも、そんなものはヒットせず。
おかしいなあ?(--;)


さらに調べてみると、どーやらコレじゃないかと。

“Oldbury Duet”というエンジェル種で、“ティップトップデュエット”の変種だそうです。コレは、あくまで個人的な予想にしかすぎないのですが、たぶんそんな気がするんです~。

とにかく新しい出会いがあってよかったです♪
ジョイ本、行ってよかったわ~!
HCってやっぱり楽しい~♪(←コレがオチ?爆)

つづく・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。