FC2ブログ
GERANIUM LOVERS
SCENTED HILLS My Note  ゼラニウム観察日記、覚え書き、日記などなど・・・私の自由帳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
山城愛仙園
サボテンと多肉植物を販売されている山城愛仙園から、新カタログが届きました~。
ワタクシのチェックすべきは、もちろん原種ペラルゴです。(笑)
新品種も登場。(私にはカタカナ名では調べきれないものもありましたが。(^^;)スミマセン、勉強不足で。)

一部ですが、
P.alternans
P.aridicola
P.appendiculatum
P.luteolum
P.rapaceum
P.leptum・・・・・

P.cotyledonisかあ~。イイなあ~!
同じ大きさの花弁を持ち、ブロッチのない純白の花が咲くそうです。
海外のゼラサイトで画像を見ると、まるでアジサイのようです。
繊細な花とは反対に(?)葉にも特徴があり、どうも分厚くザラザラした質感のようです。
思わず爬虫類系を連想してしまいます。(失礼!)
強健な品種で、別名〝Old Man lives forever 〟とも呼ばれるそうです。
うーん、盆栽ちっくでいいなあ~。
ああー、面白いっ!(^^)これが同じ仲間なんて~!(←ってひとりで感激している。)

但し、値段がちと高めです。私にとっては。(爆)(もう少し安くならんかのお~。ぼそっ。)
もしそれくらい高価なものをゲットした時は、それはもう観葉植物のように、ずーっと家の中に飾っておきたいです!
でも、それじゃあ日照不足できっと落葉するだろうな。(--;)
っていうか、マリンさんと遊んでるうちに棚ごとひっくり返されるかも!?
スポンサーサイト
パイン・ゼラニウム
四季咲き性のあるパイン・ゼラニウム。
今の時期、ちらほらと咲いています。

Dscn1048.jpg


センテッド好きな方はご存知でしょうが、パインと言っても果物のパイナップルの香りがするわけではありません。
Pine=‘松’の香りということで、あまり良い香りでは・・・。(・・;)
成長が早く、放って置くと株の形が乱れやすくなります。
でも、どんどん簡単に挿し木できるところが良いところ。
この季節、手持ちのゼラニウムの中では、一番はっきりと紅葉します。

今更ながら気づいたのですが、海外のゼラサイトで、Pineと言う名前で、このパイン・ゼラニウムと同じものを紹介しているのをあまり見たことがないような・・・?(たしか1つくらいしかなかったような・・・)
むむむ?日本で改名されてしまったのでしょうか?それとも何かの交雑種でしょうか?(^^;)
とりあえず・・・
昨日、温室を組み立てました。
ハイ、昨年買った0.6坪温室です。
友達のNっちにも、いつ温室出すの?と催促されてましたんで。(笑)
一夜にして霜にあたって壊滅状態にはなりたくないですからね~。
オット曰く「お金かかってんだから・・・ぼそっ。」
でも、まだ鉢を全部移動してませんっっっ。
ヒーターも入れてませーん。(^^;)

昨日、TVでQちゃんのレースを見ながらこの作業をしていました。
でも、ラスト10㎞はテレビの前で正座。
優勝が決まったときは、涙、涙でした~。
よ、よかったよーーー!
あの強い精神力、尊敬です。(今風に言うとリスペクト?爆)
その強さを私も見習いたいです。
感動しました!Qちゃん、おめでとう~~~!!!

昨日はもうひとつ、千葉ロッテマリーンズの優勝パレードもありましたね。
行きたかったなあ~。


夜、喉が痛い・・・。(--;)
作業中寒いなあ~と思ってたんです。
とほほ。また風邪ひきました・・・。
カマキリが
Dscn1042.jpg

いました。
ゼ、ゼラに産卵???(^^;)

Dscn1045.jpg

た、食べ物ですかっ?
ゼラの弱み
思うに・・・
ここ近年ブレイクした植物、クリスマスローズ、クレマチスなんかは、園芸雑誌に何度も取り上げられたのもあるけど、花の美しさもさることながら、耐寒性があることがポイントだと思います。
ハーブでも、ラベンダーやセージ、ローズマリーなどはゼラニウム同様、品種の多さでコレクションのしがいのあるハーブだと思いますが、冬でも育てられるというメリットがあります。(それぞれ品種の性質にもよります。セージなどは地上部が枯れても大丈夫なものが多いですね。)

しかーし!センテッドゼラニウムの場合、冬は寒さから保護しなければなりません。霜に思いっきり当ててしまうと、もうおしまいです。(T.T)
たとえば、春、センテッドゼラニウムを、花がかわいい、香りがあって面白いと思って、初めて購入された方も、冬には一年草の如く枯らしてしまって、おしまーい!になってしまうケースが多いんじゃないかと思います。

寒さに弱い。(--;)
それがセンテッドゼラニウムがいまいちメジャーになりきれない、最大の弱点だと私は思います・・・。
残念だ。もっと皆さんにこの植物を親しんでもらいたいのに。

今日は最低気温16℃。曇ってどんよりしているせいか余計寒く感じられました。とうとう石油ストーブを出してしまいましたっ。(今年は灯油が高くて買えないじゃん。(--;))
そろそろゼラにも、防寒対策として一坪温室の組み立てを考えないといけません。しかも、どーやったって全部入りきらないのが目に見えている・・・。ううう。
もう3年くらい使っているプラ枠の小型温室もさすがにガタがきているので、今年は買い換えないとなあと思い、昨日もHCで展示してある温室をうらめしく見てきたのでした。高いなあ~。ブツブツ。
あ~、温室なんぞ気にせず、地植えにしてじゃんじゃん育てたいです!!!
原種ペラルゴその後
ここ最近のワタクシのちいさなしあわせ。
それはズバリ!あんまんを食べること!
もちろんこしあん!(つぶあんじゃいけません!)
舌がやけどしそうなんだけど、はふはふ食べる・・・。
し、しあわせ~。(*^^*)(←単純すぎる)

さてさて。
その後の原種ペラルゴ。
8月にうちにきたときは、正直、「コレ、どーすっかな・・・。」(゚.゚;)という状態で、画像を撮るのも憚られたのですが、今はこんなに元気になりました。
詳細はコレクションの方にUPしました。

p.fulgidum.jpg
P.fulgidum

p.crithmifolium.jpg
P.crithmifolium

昨日、窓全開で掃除機をかけていたら、部屋の中にスズメバチが入ってきて、超至近距離に接近!も、もうお終いだ~と冷や汗かきましたが、外へ飛んで行きました。あー、怖かった~~!!!(>.<)
バッサムが好き
Dscn1024.jpg

テラコッタ(素焼き)の鉢の話。
イタリアのDEROMA社、バッサムの形が好きです。
とってもシンプルであきがこないのがイイ!です。
ゼラニウムを鉢植えにする時、これはゴヒイキにしてる!っていう品種は、ついついバッサムに植えちゃったりして・・・。(*^^*)

でも・・・
実際のところ、sakuの庭では、しょっちゅう、鉢がクラッシュ☆しています。
原因
 ①風が強い(>.<)
 ②マリンさん、ムスメに倒される(--;)
 ③単なる私の不注意(^^;)
です。
今年は今のところ、5,6鉢は、割ってしまったと思います。(それでも例年より少ないような?)
なので、鉢にお金はかけられず、HCのいわゆるスタンダードなテラコッタ鉢を使っています。それと、園芸通販会社K園で激安販売されていたiterra社の鉢を使っています。(バッサムに似てます。これは送料がかかってもお買い得だったのでとても満足。)

スタンダードな鉢は、使ってみて気が付いたことがありました。
あまりに普通すぎて気が付かなかったのですが、持ったときに、鉢の出っ張りに指が引っかかるということです。そのため、鉢を持ち上げたときに片手でも落としにくいのです。バッサムは好きなんですけど、両手で持たないと落としそう~ということに気が付きました。
ほほう。なるほどー!なんですね。鉢の形って。
(でもそれって私だけの感覚かも・・・?^^;)

さて。
それとはまったく対照的に(笑)、いつか、ウィッチフォードの鉢を手にしてみたーい!です。(←ムリ!)
使うんじゃなくて、飾るだけでもいいなあ~w
どうも、〝ゼラニウム用〟テラコッタがあるのです!ぐふふ。
でも、その鉢の値段で、ゼラが何鉢買えるのやら。(爆)
ゼラ苗が届いて -後日談-
1週間ほど経ちました。
まあ正直、費用、時間、現物どれをとってもあまりよろしくないのですが、なんとか無事に届いてなりよりなのです。(こういうのを自己満足って言うんだろうなあ。)

個人的には、もう予算も使い果たしたので(悲)、しばらくはやらないと思います。欲しい品種も入手でき、少し気が済みましたっ。(爆)
(でも、今日気が付いたのですが、注文したものが1品種ないっっ!!!ハァ~、脱力。とほほ。も、いいや今更・・・。)

実は当初Holtさんではなく、今回はちがうナーセリーでの購入を考えていました。そちらの方が欲しい品種が多かったのです。
日本にも発送可能だというので、メールで送料込みの見積もりをお願いしたのですが、返答がないのでヤメました。(←待ってらんない。--;)

先日Holtさんのサイトが更新されていたのでびっくりしたのですが、体調がすぐれなかった事、来年は海外輸送はやらない事などが書かれていました。
そうなんですか~。だから遅れてたんでしょうか?もう買えないとわかっていても、まだまだ欲しい品種はたーくさんあるんですけどねー。残念だわ~。

でも次回やるとしたら、原種ペラルゴの種かな?なーんて密かに(←もう密かじゃないって)企んでます。フッフッフッ。(^^)v←懲りないヒト。
キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!
Holt Geraniumsから、やっと注文していたゼラ苗が届いたー!
Holt Geraniumsは、カナダのゼラニウムナーセリーで、4年前にも一度注文したことがあります。

注文書を送ったのは6月。
本来なら、9月末までに苗が届くはずだったのですが、待てど暮らせど一向に届く気配が無い。
しびれをきらして、メールするもなーんの返事もナシ。(--;)
オイオイ、ぼったくりかー!?(--メ)と不信感に満ち満ちて、「送ってくんないなら、小切手返してよっ!」とまでメールする始末。(←いやあ、我ながらケンカ売ってるみたいですごいと思うが、なんせ貴重な資金を投資しているのでこっちも必死ですっっ。何度もメールしてしまった。)
ああ、やられちまったか・・・とあきらめていたら、やっと返事が~!
よ、よかった・・・。ひと安心。
しかし、遅いぜ。お国柄というものなのか、約1ヶ月もオーバー。まいった!(^_^;)
で、送りましたのメールを受けてから、検疫を受け、5日後に我が家に届きました。な、長かった~。

カナダから来る日数でさえ、時間がかかっているので、植物のダメージは相当なものです。
ピートに挿し木されて、せまーいダンボールに新聞紙とともに押し込まれて入ってるだけなので、日本で、通販されている苗とは全く違う状態で送られてきます。
ちなみに前回は、オアシスに挿し木されていて、苗も小さく腐っているものもあったので、まだ今年のほうがこれでもまともでした。とはいえ、5日間も日光に当たらないというのは、ゼラにはキビシイです。

今日、この苗を挿し木用の土で植え替えてみました。
それはもう一つ一つ丁寧に。(笑)
植物の輸入業者さんってこんなかんじに作業するのかしら~?などと考えながら。
どーか無事に大きく育ちますように!と祈りつつ。

まあしかし、実際にモノになるのはどれくらいかは、ほとんど賭けです。でも、それを承知で入手したのは、やっぱりゼラが大好きなんですね~。新しい品種を育ててみたい一心です。コレクターの性ってところでしょうか。
ひとつでも多くの苗が無事に回復して、コレクションで紹介できればいいなあ~と思います。

オマケの苗がついていました。
が!私の好みでナイ、ゾーナル種と、国内でも売ってるじゃん!の斑入りナツメグとフェアエレンでした。(T.T)
ガーン。残念!なんか損した気分ー!(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。