FC2ブログ
GERANIUM LOVERS
SCENTED HILLS My Note  ゼラニウム観察日記、覚え書き、日記などなど・・・私の自由帳です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
挿し木のシーズン
さすがにもう、待ちに待った(?)挿し木の適期でしょう。(^^)
このところずいぶんと涼しく、寒いと感じる時もあります。
そういえば昨年は、温室があるのをいいことに、12月頃に挿し木をした覚えが・・・。(←普通は無茶な話)
温室の中でぬくぬくと育ち、春になった頃挿し穂を引き抜いてみたら、地上部は青々と元気に育っているのに、まったく発根していないものがいくつもありました。一体どーして、約3ヶ月の間、根も出さないで生きてるのか???とびっくりでした。
今思えば、温室の中の湿気というか蒸気で、別に根から水分を取らなくても葉面から水分を取ってたからよかったのかなあと思いますが、ど、どうでしょうか?(^^;)

Dscn0990.jpg

↑剪定しつつ、挿し穂を取りました。(の残骸の図。^^;)
おっ、そういえばこの前ダメもとで挿した、レッドカプリゼラニウムはどうなったかといいますと・・・

Dscn0992.jpg

一本!ホントに1本だけ発根してました!
残りは暑さと台風の大雨で、いつまでも水がはけずやっぱりダメでした。
一本か、やっぱりちとさびしいー。でも、ラッキーなのよ、これは!(爆)

Dscn0994.jpg

で、この方はヒマなので寝てます。
デッキが苔ってマス。傷だらけでなんだかアンティーク風♪(違)
父さん、そろそろ塗りなおさないと、犬が汚れます・・・。
スポンサーサイト
どんより~な天気
ムスメからカゼ菌のバトンを渡されました。
運動会シーズンですから・・・。とほほ。(--;)

カゼをひいたとはいえ、3連休、天気もいいし、やることもないし、お金もないし、saku家恒例、HCの旅、白井まで行ってきました。
が、なーんもヒットするものなし・・・。ちっ。
今度行った時は、2Fのクラフト関係のものから見よ。

庭のオリーブの木に、スズメガの幼虫がたーくさんついてるのを発見。
みなさん、もりもりのころころです。
枝ごと切って処分しよ~。(^^;)

栽培の合格点
復活ーっ!
オールドスカーレットユニーク・ゼラニウムがめでたく復活しました。(^^)

Dscn0984.jpg


夏の暑い時期はどうも苦手らしく、うまく夏越し出来ずに毎年枯らしていました。(おいおい) 今年も葉が全部落ちてしまい、また今年もだめかあ~(>.<)と思っていたら葉が出てきました。う、うれしい!
夏が苦手な品種というのはこれ以外にもまだ他にもありますが、たいてい冬の寒さにも弱く、デリケートな性質のようです。
実際何年も育ててみるとそういう点がわかってくるので、少しは自分でも対策を取れるようになったかなあ。(それでも、まだ全部はカバーしきれないんですが・・・。)
結局、植物の生命力に頼るところのほうが大きいし、偶然というか、たまたま運良く季節を越せたっていうのもあるんですけどね。

自分の中での〝栽培の合格点〟というのがあって、これをクリアしたらOK!という目標があります。毎年枯らしてしまうのはたいてい同じ品種なので、その品種の夏越し、冬越し、挿し木に成功することが目標です。夏越し、冬越しのどちらかができれば、私の中で目標達成。
そこで初めて「○○を育てています!」と自信を持って言えるような気がします。ポリポットの苗を買ってきて、テラコッタの鉢に植え替えて、はい、おしまい!にならないように頑張ってます。

それと、挿し木で保険を作って、更新する!‘種の保存’に努めます。(笑)
でも、最近思うのは、あまりコレクション全種類、必死になって維持しなくてもいいかなあ~なんて考えがゆるくなってきました。(正直維持するのはとーっても大変。場所もないし。ぼそっ。)
それより気に入ったものを、手塩にかけて、大株に、美しく仕立ててみたいなあとも思うのです。
株の枝振りが乱れやすいですから、ここで切って、ここで芽止めしておくと、こういう形に大きくなって・・・まるで盆栽のようです。
でも、こういう楽しみ方もいいかなあ~なんて思います。(^^)
原種ペラルゴ
先月、パイナップルセンテッドとも呼ばれる、P.mollicomumが欲しくて、某多肉植物屋さんから購入~♪
この品種は原種に分類されるものですが、センテッドに入っていることもあります。ついでに(笑)他の原種ペラルゴも2種購入~。

P.mollicomumは、つやのある厚い丸葉で、うっすらと茶色の輪紋があります。葉はフルーツのような甘い香りらしいのですが、私の入手したものはあまり香りがしませんでした。かすかに香る程度。がっくし。今回は香りを楽しみにしてたというのに~。なんのために購入したのか・・・。(--;)
うちにきてすぐ開花しました。花の大きさは小さいと聞いていましたが、まあ、自分が思っていたよりも大きくてうれしかったです。
が!!台風到来により、ただでさえ短い開花があっという間に終わってしまいました。儚いなあ~。

そしてさらに!
ポリポットのままがいけなかったのか、葉柄を切ったところから雑菌が入ったのか、それともうちが暑過ぎたのか、水やりすぎた?ひーん、枯れてしまった~!!!(>.<)
大急ぎで、まだ茎の青い箇所を挿し木!ど、どうかよろしく頼む・・・!でも、も、もう遅いかも・・・。ショック・・・。
まだうちに来たばかりなのに~。しかも、好きな人ぢゃないと買わないような、それなりな値段・・・。(←これが一番痛い。(T.T))

このP.mollicomum、地中にイモ(塊根)を作るタイプなので、イモ挿しすれば増やせるわけなんですが、なんせこんな状態でなので、掘り起こしてイモがあるか確認するのもためらいます。掘ったおかげで、トドメをさしそうです。
でも、良く見たら、根の浮き上がったところから、とーっても小さな芽が出ている!これはまだいけるか?なんとか育って持ち直して欲しーい!

さて、他の原種2種ですが、
P.fulgidum。ユニーク種の親として知られており、オールドスカーレットユニークなど鮮やかな赤花を生み出した原種です。なるほど確かにオールドスカーレットと茎の質感が似ています。
しかしっ!うちに来たときから息もたえだえです。(--;)オールドスカーレットを育てて見るとわかるように、この品種は暑い時期は苦手だと思われます。かろうじて生えている新芽もかなりやばそうです。
えーん、やっぱりこのまま枯れちゃうのかしら?(;.;)

P.crithmifolium。和名は山伏天狗と呼ばれるそうです。直立した茎一本ですが、こちらの方は、うちにきてから、にょきにょき葉が出てきました。(^^)これからが成長の時期なんでしょうか?
ネットで大きくなった株が見事にびっしり花をつけている画像を見ました。あんなふうに育ってくれるといいんですけどね~。まあ、私の腕次第か・・・。(汗)

というわけで今回は画像を撮るのも躊躇するような状態です。復活するまでもうしばらくお待ちください。でも、ちと厳しいかも~!?
大切なラベル
SCENTED HILLSのコレクションの方にも書いたのですが、私は長いこと、フィリシフォリウム・ゼラニウム(ファーンリーフ・ゼラニウム)をずーっとフェザントフット・ゼラニウムだと思っていました。
なぜなら、そう書かれたラベルがついていたからです。そしてつい最近、またそのラベルのついた苗をお店で見ました。もう何年も経つのにいまだに間違って出回ってるとは~!(怒)

この夏も、某HCのガーデンセンターで、シドイデスの鉢植えを発見!おお~っ、シドイデスもずいぶんメジャーになったもんだ!良く頑張った。(涙)と喜んでいたら、ん?思いっきりレニフォルメと書かれたラベルが刺さっているではないですかっ!レニフォルメはうちにはいませんが、ちがーうっ!葉はシドイデスにそっくりでも、花の色が違うのです。
近所の園芸店には、シナモン・ゼラニウムのラベルの付いたブリリアント・ゼラニウムが売ってるし。しかも2軒も。(--;)

そもそも・・・。
このサイトを立ち上げた目的の一つなのですが、大好きなゼラたちが、あまりに不正確な品種と勝手な名称で出回っていることに一石を投じたいっ!と思っていたからなのです。(メラメラ~)
正しい名称啓蒙運動推進委員のひとりとして(←なんなんだ?)、なんとかしたいな~と思っているのです。

しかーし、実際のところ、一般の消費者は植物に付いてるラベルしかその植物を知る手立てがないのです。ラベルにそう書かれていたらそれを信じるしかないし、コレ違うかな~?と思っても確信が持てずに迷ってしまいます。(正直言うと、こうやって自分のサイトで品種紹介するのも100%自信があるわけではないのです~。^^;)

確かに今はネットでなんでも調べられる時代にはなりましたが、まず、名称が間違っててはお話になりません!
たかが一枚のラベルですが、生産者は、苗の生産と同じくらい、ラベルに力を入れるべきです!そして、そのラベルの内容にもっと責任を持って欲しいと思います!親しみやすい愛称をつけるのもいいのですが、どうか元の名前も残しておいて欲しいのです!(力説!)
DIYショー
先週の土曜日に、幕張メッセで開催された『JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2005』に行ってきました。
今年は例年より混んでたかも~。全ブース見れませんでした。(T.T)
私はガーデニング用品目当てで行くのですが、今年はひとついいものを見つけてきました。
その名も『曲げ太郎』!
園芸用の支柱などが、同じ角度、同じ形にまげられるというスグレモノ。
フックを作ったり、鉢を引っ掛けるものを作ることが出来ます。
どちらかというと、ランを栽培されてる方向けかなあ。

ブースでおにいちゃんに作り方を実演してもらいましたが、あざやかな手さばきで、思わず、おおーっ!と言ってしまいました。とても面白かったです。
で、つい買ってしまいました。(←乗せられやすい(爆))
まるで、小学校の下校途中、あやしげなおっちゃんが、おもちゃや駄菓子を売っているのを見ているかのようでした。(すごい例え!)あれって、今思うと、普通の商品がやたら魅惑的に見えるんですよね~。あ、この商品はスグレモノです。(笑)

で、おみやげに完成品をいただいてきました。(だから展示会って好き。)

Dscn0973.jpg

こんなかんじで作れます。
今度自分でも挑戦したいと思います。(^^)v
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。